全粒粉ときび砂糖のあんパン

全粒粉ときび砂糖を使ってあんぱん「湯だねパン」に挑戦してみました[E:sign01]
湯だねパンは、薄力粉と熱湯を混ぜて湯だねとイーストと砂糖をぬるま湯で溶いたイースト水、強力粉、砂糖、塩などでつくるパンです。
普通のパンと違って1次発酵が必要なく、材料を混ぜるところから焼き上がりまでわずか1時間足らずでできてしまうというパンです[E:dog]
しかもこねる作業も軽くこねる程度でガス抜きもいりません。
初心者でも失敗なく簡単に、時間がたっても硬くならないもちもちパンがわずか60分でできるという目から鱗[E:eye]の製法です。私にぴったりかも・・・・・・[E:smile]
実際やってみると、お湯の温度に少し気を使う程度で、こねるのも3分でおわりだし、生地を少し15分程度休ませるのと、オーブンの中で25分程度[E:sandclock] 発酵させるだけで、そんなに大変な作業は無い。
今回の場合、強力粉が足りなかったので、7割の全粒粉ときび砂糖でつくったので、ミネラルがたっぷりの小麦色のあんパンができました。[E:bread]
初めてなので、適当に作った割には、香ばしくふわふわでおいしかった~。
あんの量がわからず、パン生地にたいして少なめになってしまったけど、市販のあんパンはあんが多すぎると感じることもあるので、我が家ではこのくらいのあんの量が調度良いかも[E:good]

フレンチクラフトの教室 RosaCasa

カルトナージュをはじめ ランプシェードやタッセルなどのフレンチスタイルの小物を作ります