グッピー薬浴中

 薬浴3日目。
重症のもの[E:fish] と、軽症のもの[E:fish] に分けて薬浴中[E:hospital]。
重症のグッピー2匹[E:fish] は餌も食べないし、痩せていくばかりなので早期治療が必要です。しかもそのうち1匹は尾びれもボロボロ[E:shock]  になってきました。(栄養失調か、尾腐れ病か)
重症のほうは、ミニのホットマット(人間用)にタイマーをかけて、点けたり消したりし30℃周辺に保つようにしています。
軽症のグッピーたち[E:fish] は食欲もあるので、夜以外はライト[E:flair] を照らし、その温度で30度あたりまで水温が上がります、だだし、消灯中の夜間[E:night] は27℃ぐらいまでさがるけど。
 夜行性[E:moon3] のクーリーローチのためにも消灯。
 今日夜帰宅してみると、まず小さい入れ物に入ったグッピーの様子を見ると、重症グッピー[E:fish] が元気に泳いでいます。
 
それと、驚くことに餌[E:riceball] を食べています。この変化には感激[E:happy01] です。
だって、ホットマットのせいで水温は31℃。暑いし、白点虫に栄養素を吸い取られて、栄養失調で死んでいるかもと思っていたくらいなのに・・・・。
水温を上げたことで、白点虫の活動が止まったのかもしれないけれど、栄養を採って体力をつけていけば、治るかもしれませんね。重症のグッピーたちにも望みが出てきました。
「よーし、根気良く30℃の水温[E:aquarius] を保つぞ!そうすれば、餌を食べる可能性が大」
 本当は薬浴中は餌をあげないほうがいいとう情報もあるんだけど、私はあげています。水が汚れて死ぬより、体力が無くなってと病気で死ぬほうの確立が高いと思ったから。
どうせ、4日後にはお水を半分替えることになっていますし、4日ぐらいで水が汚れて死ぬかな・・・・?
 軽症のグッピー[E:fish]たちの方は、食欲旺盛で食べ残しがほとんどないので、それほど水も汚れないでしょう。食べすぎでお腹がパンパン。しかも、病気の治療中[E:hospital] は栄養満点のブラインシュリンプ[E:scorpius] が良いらしいので与えています。
 もし病気のグッピーが治ったら、すこしグッピーたち[E:fish] にダイエットをさせなきゃね。

フレンチクラフトの教室 RosaCasa

カルトナージュをはじめ ランプシェードやタッセルなどのフレンチスタイルの小物を作ります