カルアの診察

カルア[E:cat]にできた腫瘍[E:impact]。
いつもの「病院A」では針吸引で、腫瘍の細胞の検査をしてもらいました。
そちらの先生の初見では、時間も経っているし「ワクチンによるものとは考えにくい」とのことでした。
年内に結果が出るかどうかわからないとのことだったので、こんな簡単な検査だけで、来年まで待たされるのは、気が気じゃないので、ネットでもっと設備の整った病院を探しました。
 そして、評判の良い「動物病院B」[E:hospital]に腫瘍にも詳しく、アメリカでも勉強されていたという先生に診てもらうことにしました。
 そちらの先生のご意見では「この部位でこのようなものができる場合は、まず最初にワクチンによるものだと考えられます」とのことで、やっぱり思ったとおりでした・・・・・[E:weep]。
 検査してみて、その疑いがあるようならば、手術をした方がよいと言われました。

フレンチクラフトの教室 RosaCasa

カルトナージュをはじめ ランプシェードやタッセルなどのフレンチスタイルの小物を作ります