レジンクラフト

去年探してやっとみつけたレジンクラフトの教室(アトリエヤスコ)。
奈良には結局教えてくださるところが無く、堺へ月に1回通っています。
今月から、新たにお引っ越しをされ新しいアトリエをオープンされました。
ナカイ先生は常にアートを意識されあちこちで活躍をされている方です。中でも七宝のアート作品に魅せられて、たくさんの生徒さんを教えていらっしゃいます。
生徒さんというよりお弟子さんというような10年以上も通って来られる生徒さんもいらっしゃるようです。
アトリエの中はギャラリーとしてたくさんの作品が展示されています。
何十年も前からあるというレジンクラフト。古いイメージを持つ人も少なくないと思うけど、最近ではまた、レジン手芸に人気が出てきているようです。私は花も好きですけど、アンティーク切手やカットクロス、ビーズなど中に入れるもの次第でアンティーク風からポップなものまで個性的な作品が作れます。
初級は乾燥花を透明の樹脂のなかに封じ込めるという技法なんだけど、花から気泡が出てきたり、花びらが樹脂で透けてしまったり、バックの色が合わなかったりと失敗続きです[E:coldsweats01]
レカンの花は綺麗に乾燥させればいいけれど、こちらは樹脂との相性がなにより大事、ピンセットでつまんだだけでも、樹脂が浸透してしまって花びらが傷になります。
先生曰く、押し花をただ並べるだけのようには簡単にいかないとのことです。初級は3回で終わり。なんとか今日が3回目なので終われればよかったけれど、次回に仕上げをもう一回することに。
 将来講師として教室を開くためには高等科に進んで資格をとらないと。
あと7回以上はレッスンを受けることになりそうです。高等科は渋い大人のアクセサリーを造るようです。そのようなセンスに自信が無い私。不安だな~[E:think]

フレンチクラフトの教室 RosaCasa

カルトナージュをはじめ ランプシェードやタッセルなどのフレンチスタイルの小物を作ります