ビゾービア

今日は、フランス額装のレッスン日でした。
3回目のレッスンは、2回目持ち越しの課題「ビゾービア(斜断面)」の続きをしました。
遮断面とは、厚さ3mmの厚紙を、カッターで斜め45度に切って、マットを2枚重ねてそれぞれに紙を巻いて仕上げるものです。
言うのは簡単だけど、細かい作業です。普通のカッターで手の感覚だけで斜め45度に切る作業は根気もいるし、何度も葉先を滑らせて切るので少しづつしか切れません。
㎜単位できっちりとカットして、隅も綺麗に仕上げなくてはならないので、もっとも私の苦手とする分野では?
それこそ重箱の隅をつつくような作業の連続です。

フレンチクラフトの教室 RosaCasa

カルトナージュをはじめ ランプシェードやタッセルなどのフレンチスタイルの小物を作ります